読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも心に太陽を

台湾在住のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

台湾人との結婚手続き~台湾編2017年2月3月~

国際結婚

こんにちは。KIKIです。

今日は台湾人との結婚手続き(台湾先行)について書いていこうと思います。

私たちは、2017年2月に台湾での婚姻届けに必要な書類の申請取得。

3月に婚姻届けを提出してきました。

国際結婚は日本人同士との結婚手続きとは違って、準備することたくさん?!

では、いってみましょ~♪

 

日本で用意するもの

・日本で戸籍謄本1通(3か月以内のもの)

 

交流協会事務所(台北または高雄)での手続き

f:id:xiiiheeeintw:20170412181445j:plain

婚姻要件具備証明(独身証明書)を申請します。

 

【必要なもの】

・日本で取得した戸籍謄本1通

・パスポート

 

私たちは台北事務所に行ってきました。

交流協会はVISA関連と領事関連に窓口が分かれています。

入口はいるとすぐ右側に発券機があるので、係りのおじさんに来た目的を伝えます。

(日本語でOKでしたよ~)

「台湾人とけっこ…」と要件を言い終わらないうちに、整理券くれました(笑)

 

VISAの窓口は台湾人で混んでいましたが、領事関連窓口は比較的空いていました。

番号を呼ばれて「婚姻要件具備証明の申請に来ました。」と伝えると、

記入が必要な書類を渡されます。

記入の仕方も窓口の台湾人のおばちゃんが丁寧に教えてくれました。

書類の記入は5分くらいで終わるので、記入後書類と戸籍謄本、パスポートを窓口に提出。

提出後10分程で窓口に呼ばれて、申請手数料の320元を支払いし、「婚姻要件具備証明」を受け取ります。

※提出した戸籍謄本と「婚姻要件具備証明」は糊で貼り合わせられています。

おばちゃんが在留届の説明等を少ししてくれて、最後に「おめでとう。」と声をかけてくれました。

 

台湾の外交部領事事務局での手続き

f:id:xiiiheeeintw:20170412181516j:plain

交流会で取得した「婚姻要件具備証明」を認証してもらいます。

エスカレーターで2階へ。29、30番窓口で手続きします。

 

【必要なもの】

・交流協会で取得した「婚姻要件具備証明」と糊で貼り合わせた戸籍謄本

・婚姻要件具備証明戸籍謄本のコピー1部ずつ
→これはあらかじめ用意していませんでしたが、フロア内にコピー機でしました。

 

窓口付近でうろうろしていると声をかけてくれたおっちゃん。

窓口の職員が来ている制服を着ているわけでもなく

ネームカードも下げているわけではないのに、

事務局のスタッフだったみたいで色々教えてくれました。

「文件証明申請書」(※事務局内にあります。)を記入後30番窓口で整理番号は受け取り。

番号が呼ばれて、持ってきた書類をコピーを提出すると、1番窓口で申請手数料(400元)を支払うように指示されます。

支払い後、申請手数料の領収書(3枚)を再度29番窓口に提出すると、申請人分の領収書1枚を渡されます。

外交部領事事務局での手続きはこれで終了。

〇〇日以降に受け取りに来てくださいと言われるので、領収書をもっていけば受け取れます。

ちなみに、受け取りは私でなくても、代理人でもOKとのこと。

 

さぁこれで、婚姻届けを出すための書類の準備は完了!

次は、婚姻届けの提出です。

 

戸政事務所での手続き

f:id:xiiiheeeintw:20170412181830j:plain

【必要なもの】

外交部領事事務所で承認を受けた「婚姻要件具備証明書」と糊で貼り付けられた戸籍謄本

・パスポート

・結婚書約(婚姻届)

※結婚書約は戸政事務所にも置いてります。あらかじめ2名の証人の署名が必要です!私たちの結婚書約は旦那がネットでイラストを探して、オリジナルで作ってくれたものを使用しました。

 

必要書類を窓口に提出するとパスポートのコピーを取られたり、

その他に記入が必要な書類に署名したりしました。

日本での結婚手続きのために、以下の書類を取得しました。

・配偶者として私の名前が書かれた戸籍謄本1通 手数料70元

・結婚証明書(中国語と英語版)手数料各100元

※私たちは中国語/英語両方取得しましたが。日本での結婚手続きのためにどのみち翻訳する必要があるので、中国語でも英語でもどちらでもOKだと思います。

 

旦那は国民身分証の裏の配偶欄に私の名前を追記するために、

身分証を提出して新しく作り直してもらっていました。

 

結婚記念日について

f:id:xiiiheeeintw:20170412183136j:image

結婚記念日は絶対にいい日!!!!!!!!と旦那がこだわっていたので、

いくつか候補のあったいい日から単純に覚えやすい日という理由で結婚記念日を決めました。

台湾は結婚登録日(結婚記念日)を予約?できるみたいです。

例えば戸籍や結婚証明書に記載される日は5日だけど、実際結婚の手続きをする日は2日という感じです。

5日を記念日にするために、事前に戸政事務所に手続きを2日にする旨を伝えて私たちは手続きをしに行きました。

結婚記念日を〇日にしたいけど、実際その日には手続きにいけないという場合は、この登録日の予約システムを利用できると思うので、台湾人パートナーに確認してもらってみてくださいね。

 

次は日本での手続きです!

来月帰国予定なので、手続きしてきます。

日本での手続きのことも終わったら書いていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

披露宴会場決定までの道のりPart2

国際結婚

こんにちは。KIKIです。

 

台湾人男性と結婚して、秋に披露宴を予定しています。

前回までは、式場の規模(招待客の人数)を決める過程を書いていきました。

今回は披露宴会場決定までの道のりPart2ということで、

実際の披露宴会場見学のことを書いていこうと思います。

では、いってみましょう~♪

 

4.会場候補選びの方法とポイント

私の両親の前で台湾で披露宴を「やりたいです!」と宣言していた

台湾人旦那に会場候補選びを任せました。

会場を選ぶにあたって私たち(というか私)がこだわったポイントは3点。

 

〇料理がおいしいこと

→せっかくの披露宴。おいしい料理をゲストに食べていただきたい。

〇交通の利便性が良い立地

→私の家族や友人は日本から参加するので、きちんとしたホテルが近くにあることや、

高速道路や台湾新幹線からのアクセスがいいか。

〇会場の照明

→台湾の披露宴会場ってなんか暗い。そして、照明が紫とか水色とかなんかクラブみたいな雰囲気なんです。それは絶対に嫌。明るい会場がいい。

 

旦那は同僚やお姉さんに色々と式場について聞いたり、ネットで調べたりしてリサーチしていたようです。

 

 

5.会場見学&日取り決定

旦那が候補として挙げてきた会場は2か所。

予約はせずに直接見に行くと言うので、当日見たい会場が使われていて見学できないんじゃ意味がないから、電話して予約を取ってと私がブーブー言ったので確認してくれましたが、結局式場見学に予約は必要ないと言われました、、、(笑)

 

1か所目。旦那実家から車で10分ほど。

メリット:旦那側の親戚からのアクセスの良さ。駅近。

    新婦の控室が広い。

    式場を案内してくれた方が好印象。熱心に説明してくれた。

    サービス費10%をカットしてくれる。

    日本語の話せるスタッフを探してみると言ってくれた。

デメリット:全体的に式場の雰囲気が暗い。

     会場内にいくつもの柱があって、視界を遮られる。

     去年同じ式場で旦那お姉さんが披露宴をおこなった。

f:id:xiiiheeeintw:20170410194659j:image

 

2か所目。台中市の中心部。

メリット:会場に窓がついているから式場全体が明るい。

    天井の花柄が可愛い。

    式場建物が綺麗。

    サービス費を10%をカットしてくれる。

    日本人と台湾人カップルの披露宴を経験済み。

デメリット:案内してくれた方がそこまで熱心じゃなかった。

     新婦控室が極狭。

     ミラーボールが嫌だ。     

f:id:xiiiheeeintw:20170410194713j:image

 

 

2か所回ってきて私的には2か所目が好印象。

新婦の控室は極狭ですが、会場の広さ明るさが気に入りました!

それぞれの会場メリットデメリットありましたが、

最終的に、1か所目と値段もあまり変わらないなら、

お姉さんと同じ会場ではなくて2か所目のところにしようかと旦那と意見がまとまりました。 

 

日取りについては、9月or10月に披露宴をしたいと希望を伝えていたので、それぞれの会場で空いている日の中から結構適当に決めました(笑)

こだわれば色々と調べて良い日取りを選ぶべきですが、細かいことにこだわるといつまでたっても決まりそうになかったので、最悪この日はダメという日を避けて、選びました。

 

 

6.会場予約

式場見学をしてから約1週間後に電話にて予約をしました。

予約金を払いに行く必要があるようですが、私たちは台北にいるので、

旦那両親に手続き等はお願いしました。

 

 

書き出してみるとなんかあっさりと決まったようにみえますが、

ここまで決まるのに約2か月にかかりましたよ。

披露宴まであと半年。

これから準備の過程も記録のために、書き残していきたいと思います。

 

 

 

 

披露宴会場決定までの道のりPart1

国際結婚

こんにちは。KIKIです。

 

清明節(お墓掃除)の連休を利用して、

旦那の地元の台中へ帰っていました。

今回の台中帰省には大きな目的がありました。

それは披露宴の会場見学!

披露宴の日取りを2月初めから決めて決めてと言い続けて、

ようやく!ようやく!会場と日取りが決まりそうです。

(まだ、最終決定したわけではないですが。。。笑)

では早速私たち夫婦の披露宴会場探しまでの道のりをご紹介します。

話が長くなりそうなので、2回に分けて書いていきます。

 

1.披露宴どうする?やる?やらない?

結婚の話が具体的になり始め、披露宴をどうするのかと私の両親の聞かれた時。

当時まだ台湾人彼氏だった旦那が「僕はやりたいです。」と即答。

その時私は結婚写真を撮れれば、(準備が大変そうだし)披露宴なんてやらなくてもいいやと考えていたので、あまりの即答ぶりにびっくり!笑

旦那の「やりたいです。」の一言で私たちの披露宴開催は決定!

そして、旦那パパママも披露宴をして欲しいとのこと。

これはもうやるしかないですよね~

 

2.どこで開催するか問題。

国際結婚の私たち。彼の地元は台中。私は沖縄。

そして今住んでいるのは台北。

彼は大学から台北で過ごしていて、友人も多いし、仕事も台北。

上司や友人を呼ぶなら、台北開催もありかなと私は思ったのですが。。。

旦那の中にはそもそも台北という選択肢はありませんでした。

開催地は地元の台中!

それ以外の場所では考えられない。というかそもそも考えてもなかった笑

ということで、台中での披露宴開催が決定!

 

ちなみに、台湾では2回披露宴するのが一般的らしいです。

(1回は新郎側主催、1回は新婦側主催)

新郎新婦の地元が同じ場所でも会場を変えて2回したり、

地元が違えば新郎側地元、新婦側地元という感じで2回開催したりするみたいです。

2回披露宴する文化があるなら、私の地元沖縄でもやっちゃう?!

ということで、沖縄ではレストランウェディングくらいに少人数で開催できないか検討中です。

 

3.招待客人数について

台中での披露宴開催が決まったところで、次は一体どれくらいの規模でやるのか問題。

去年結婚した旦那のお姉さんの披露宴は40卓(約400名)の大披露宴だったんです!

その話を聞いた時に、長男の彼の披露宴は同じ40卓もしくはそれ以上もありえる?!と恐れおののいていました。

しかし、旦那もさすがに40卓は多すぎるし、お姉ちゃんの時に大規模にやったから自分の時までそんなに盛大にしたくないとのことで招待客を減らすことで意見が一致。

旦那ママもお姉さん夫婦のお仕事関係者も多く招待したため増えたけど、息子の時は多くはならないと言っていたので安心していたのです。

 

しかしそう簡単にいかないのが台湾家族!

 

披露宴の話になるたびに、旦那は口癖のように

「披露宴は自分たちのためではなく、両親(家族)のためにやるんだ。」

と言っていたので、ひとまず旦那パパママに招待客のおおよその希望を聞いてみることに・・・

 

そしたら、な、な、なんと300名規模にしたいとのこと!

さんびゃくめい。。。多いよ。。。

 

300名の内訳↓

200名→旦那パパの親族、仕事関係、友人

100名→その他旦那ママ親族、旦那会社関係、友人、私の親族

 

旦那パパの関係者そんなに必要?!

その他の招待客本当に100名に収まるの?!

しかし、旦那パパそれなりに役職立場があるお仕事をしているので知り合いが多い。

そして親戚がとても多いんです!

旦那パパがなんと11人兄妹!!!!!!!!!!!!

11人兄妹それぞれに家庭があるので、その子どもや孫やらなんやらで親戚が多すぎて旦那も理解していないほど(笑)

とりあえず、旦那パパ親戚だけでも100人くらい余裕で超えそうな勢い。

 

ひとまず30卓(約300名)に予備のテーブル3卓を合わせて、33卓ということで決定しました。

 

※予備のテーブルとは

台湾の披露宴には(招待されていない)恋人などを連れていってもOKらしく、招待していないゲスト用に予備テーブルが用意することがあるらしいです。

 

33卓でまとまっていたはずなのに、いざ会場の見学に行った際、案内してくれた係りの人にどれくらいの会場をお探しですかと聞かれた旦那

「35卓くらいが入る会場を!」と言ってましたよ。。。。

 

「え、いつの間に35卓になったの。なんか40卓に近づいている気がする。。。」

 

という私の思いは結局口にすることなく、心の中で消えていきましたとさ(笑)

 

次は、実際に会場の見学の様子を書いていきますね。

 

台湾生活のブログ初めてみました!

初めましての自己紹介。

初めましてこんにちは。KIKIです。

 

簡単な自己紹介

平成一桁生まれ。四捨五入したら30歳!適当だけど変なこだわりが多いB型。

出身:どこまでも続く青い海と空が自慢の沖縄県。

性格:大雑把。泣き虫。人見知り。

好きなこと、もの、ひと:収集(切手、ポストカード、便箋、シール)、読書(原田マハ、瀬尾まいこ、有川浩他)、刑事ドラマ観賞、手紙を書く、イヤリング、チョコレート、日記を書く、ショートヘア、ぞう、ジャガイモ、新垣結衣。

海外渡航歴:タイ(2回)、ハワイ、マレーシア、シンガポール、韓国、台湾、中国(上海、北京)、香港、マカオ、フィリピン

 

ブログを始めようと思ったキッカケ

縁あって、台湾人男性と結婚して台湾に住むことになりました。

海外で生活することになったので、せっかくだから何か新しいことを始めてみたくてブログを思いつきました。

なぜブログなのかというと、小学校低学年の頃から日記を書き続けているくらい、書くことが好きなので自分にはピッタリかなという単純な理由です。

また、台湾人旦那との遠距離恋愛時代に同じ日台カップルさんたちのブログを密に見ては勝手に親近感を抱き、励まされたり、勇気をもらっていました。

ブログを通して、同じように台湾人の恋人やパートナーを持つ人に「一人じゃないんだ。」と思ってくれたら嬉しいです。

 

 

ブログでは台湾生活で感じたこと、台湾人旦那との日々を書いていこうと思います。

 

 

よろしくお願いします。