いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

台湾人との結婚手続き~日本編Part③居留ビザの申請@沖縄2017年6月~

こんにちは。KIKIです。

今日は日本での結婚手続きの最終編!居留ビザの申請についてです。

私は2017年6月に台北駐日経済文化代表処那覇分処で申請しました。

では、行ってみましょう~♪

 

必要書類

・申請書1通(ビザ申請ウェブサイトからあらかじめ申請しておき印刷したもの。)

・写真2枚(背景は白で3.5㎝×4.5㎝のものを提出。)

・台湾の戸籍謄本1通(発行から3か月以内のもので、婚姻登録・配偶者の国籍及びが外国語氏名が記載されているもの)

・日本の戸籍謄本1通(発行から3か月以内のもので、結婚記載があるもの。)

 ・私のパスポート(パスポートのコピーは那覇分処のスタッフの方がとってくれました。)

・配偶者のパスポートコピー1通

・無犯罪記録証明書1通。(発行から3か月以内のもの。)

・健康検査証明書1通。(私は台北市立連合医院忠孝院区で受けました。)

・査証手数料 ¥6,900 (その他戸籍謄本の認証のため、別途¥1,600)

・台湾行の航空券(持参していなくて、分処のPCを使ってスタッフの方にメールで送付→スタッフの方がプリントしてくれました。)

 

居留ビザ申請の手順

居留ビザの申請に必要な提出書類を確認をしてもらうと、居留ビザ申請の前に必要な手続きがあることが判明!

①日本の戸籍謄本の認証

 →必要書類は窓口にあり、スタッフの方が記入方法を教えてくれました。

②ビザの停止手続き

 →2016年夏に取得していたワーキングホリデービザが居留ビザ申請の時点でまだ有効だっため、このビザの有効を停止するための手続き。ビザ効力停止同意書に署名をする。

上記の手続きを終えたら、いざ居留ビザの申請書のチェック。

入力ミス、記入が抜けている部分については、窓口のスタッフの方が質問しながら修正してくれました。

その後手数料等を支払い、受領証を受取終了。※受取にはこの受領証が必要です!

月曜日の午後に申請に行き、翌日15時以降に受取可能と言われました。

 

これで日本ので結婚手続きは全て終了!

残すは、台湾で居留証の申請のみ!国際結婚の手続きに終わりが見えてきた~

 

 

 

台湾で結婚写真~ドレス選び編~

こんにちは!KIKIです。

秋に行う披露宴に向けて、先日結婚写真を撮影してきましたよ。

暑いの嫌い、汗っかき、お腹が空くと顔が死ぬ私なので上手く笑えるだろうかと不安だったのですが(笑)

撮影はとっても楽しめました!

今日はドレス選びの感想を書いていこうと思います。

では、いってみましょう~♪

 

似合う似合わない。好き嫌いの連続

私たちが契約したプランでは、写真撮影の際には、白のウェディング1着。カラードレス2着を選ぶことができます。

まずはカラードレスから!

着たい色は何かと質問されましたが。。。

着たい色は特にないので、着たくない色を答えました(笑)

 

黒系ドレス

台湾では披露宴当日には黒系のドレスを着ることがNGらしいので、

写真撮影の際に着るのを希望する人が多いみたいです。

私も上半身は黒、下半身は白のツートンのドレスを試着してみました。

とても綺麗なレースのドレスでしたが、結婚写真に黒のドレスは自分のイメージではなかったので却下。

 

ピンク系ドレス

パープル、オレンジ、ピンクのグラデーションのドレスを試着してみるも。。。

似合わない!!!私には可愛すぎる!!!却下。f:id:xiiiheeeintw:20170703154515j:image

 

次にストレートタイプのサーモンピンクのドレスを試着。

私的には好きだったのですが、旦那の反応はいまいち。

写真を送ってアドバイスを求めていた妹からは肌の色と近くて似合ってないと言われたので、却下。

 

f:id:xiiiheeeintw:20170703154522j:image

 

ピンクが似合うような可愛い女の子に生まれたかった!笑

 

ショートタイプ

当初海辺で撮影する予定だったので、ショートタイプのドレスを勧められて着てみるも。。。。

本当に似合わない。ピンクとかムリー!(笑)ショートも似合わなさすぎる!(笑)

カーテンを開けた瞬間旦那も私もあまりにも似合ってなくて大笑い!

もちろん却下です。

写真を載せて似合い具合を見て欲しいですが、太い足をみなさんにお見せする勇気は私にはないです…笑

 

最終的に私が選んだカラードレスは①濃いブルー②上半身イエロー、下は花柄。

 ①は直感で自分で選びました。見つけた瞬間着てみたいと思えたドレス。

②は初めスタッフさんに勧められて試着するも自分の中ではピンと来ず…

けど、旦那や周りの反応はいい。1着は旦那に選んでもらってもいいかなぁと思い②をチョイスしましたよ〜♪

 

ドレス選びで大切なこと

「とりあえず着てみる」

可愛いとか着てみたいと思ったのはとりあえず着てみる。そして、自分では選びそうにないものをスタッフさんや彼に勧められたらそれもとりあえず着てみる。

 

何着も試着してみると自分の好みや似あう似合わないカラーやタイプのドレスがだんだんとわかってきます。そして、見た感想と実際に着てみた感想も違ってきます。

 

理想のドレスを見つけるためには、とりあえず片っ端から着てみることが大切だと思います。

 

「辛口コメントをしてくれる人と一緒に選ぶ」

アパレルの店員さんもそうですが、あまり否定的なこと言わないですよね。ショートタイプのドレス着た時、私も旦那も明らかに似合ってないと分かっていたのに、スタッフさんに「いいじゃ〜ん。似合っているよ!」言われたので、信用できませんでした(笑) 

 

自身のことをよく知っていて、辛口コメントをバンバン言ってくれる人と一緒に選ぶといいと思います。店員さんの甘く優しい言葉だけを信じて選ぶと、全く似合っていないドレスを選んでしまう可能性もあるので…

 

次は撮影当日の話を書きますね。

ではまた〜

 

 

 

 

 

 

台湾人との結婚手続き~日本編Part②犯罪経歴証明書の申請@沖縄2017年5月~

まだまだ続く結婚手続き。

今日は日本編Part②居留ビザ申請に必要な犯罪経歴証明書の申請についてです。

ではさっそくいってみましょう~♪

 

申請場所

沖縄県警察本部 刑事部 鑑識課 警察庁舎2階

※正面玄関を入って左手の受付で氏名、電話番号を記入して入庁証を受け取り、階段で2階へ

 

申請に必要なもの

・パスポート

・運転免許証(本人確認のため)

・犯罪経歴証明書の提出を要求されていることが確認できる書類

 →台湾のビザ申請のために必要な場合

  警察本部に申請を行く前に、台北駐日経済文化代表処那覇分処に行き、居留ビザの申請に必要な犯罪経歴証明書を申請したいですと窓口で伝えると、ビザ申請に必要な書類が書かれた用紙に那覇分処の印鑑を押してくれます。これを鑑識課に提出。

 

※最初居留ビザの申請書を提出したところ、これでは「犯罪経歴証明書の提出を要求されていることが確認できる書類」とみなされませんと言われ、台北駐日経済文化代表処那覇分処まで行って書類をとってきました。国によって、提出する「犯罪経歴証明書の提出を要求されていることが確認できる書類」は違うみたいなので、お住まいの都道府県警察に事前に確認しておいた方が安全かもしれません。

 

申請~受取の流れ

鑑識課で要件を伝えると、係りの方が出してきた必要書類に記入。上記の申請に必要なものを提出すると、コピーをそれぞれ取られました。

その後、両手の指紋を1本ずつとられ申請自体は終了。手数料は無料です。

受取票を渡され、10日前後で出来上がるとのこと。受取に行く前に、念のために出来上がっているか電話確認をしてから、行きました。

受取は申請者本人が受取票を持って行く必要がありました。受取の際には、本人確認は特にされずに、受取名簿みたいなものにサインをしてすぐ受け取れました。

 

沖縄県警察のHP 犯罪経歴証明書の申請手続きについて

http://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2015030100413/

 

警察本部に行くことなんて、もちろん初めて!

刑事ドラマが好きな私は鑑識課の方の制服を見かけて、一人大興奮!(笑)(申請を担当してくれた係りの方は普通にかりゆしウェアでしたけどね)

悪いことしてないのに、終始いろんな意味でドキドキした警察本部。

台湾人と結婚しなかったら、警察本部に行くことも、犯罪経歴証明書の存在自体も知ることはなかったな。

国際結婚は手続きは大変ですが、学ぶことも多いですね~

ではまた~♪

 

 

台湾人との結婚手続き~日本編Part①婚姻届の提出2017年5月~

梅雨が終わったはずなのに、いまいち天気が悪い台北。こんにちはKIKIです。

今日は、台湾人との日本での結婚手続き(婚姻届けの提出)について、書いていこうと思います。婚姻届け提出~居留ビザ申請までに手続きが色々とあるので、Part3くらいに分けて書き残しておきます。

 

それではいってみましょう~♪

 

必要書類の確認方法~市役所への問い合わせ~

同じ日台国際結婚をした方々のブログを見て、必要書類について調べていましたが、提出する市役所に念のため確認しようと思い、インターネット相談窓口を利用して問い合わせをしました。

 

2週間くらいで回答連絡が来ましたし、市役所によって必要書類が若干異なるみたいなので、結果問い合わせをしてみて良かったです。

 

その他、婚姻届の記入項目について疑問があったので、さらに電話でも問い合わせをしました。

 

台湾で準備したもの

・結婚証明書と日本語訳文

発行手数料は1通100元。

私たちは何かで使えるかもと思い英語と中国語の2通取得し、英語を提出。

日本語訳文は私自身ワードで作成し、翻訳者の氏名、住所、押印。

 

・台湾の戸籍謄本と日本語訳文

発行手数料は1通15元。

配偶者として自分の名前がきちんと記載されているもの。

日本語訳文は私自身がワードで作成し、翻訳者の氏名、住所、押印。

 

・台湾人配偶者のパスポートコピー

私たちの場合は、私が1人で日本で手続きをおこなうためコピーを提出。

台湾人配偶者も一緒に日本で手続きする場合は、原本を提出すればOKとのことでした。

 

日本で用意するもの

・婚姻届

用紙は市役所の窓口で受け取り可。

【記入した項目】

(1)氏名、生年月日

(2)住所(旦那→戸籍謄本に記載されている住所)

(3)本籍、父母の氏名父母との続き柄

※ 外国籍の配偶者の場合国籍だけを記入、私たちの場合は中国。中華民国(台湾)と記載はじめ記入したのですが、担当の方に中国と書き直してくださいと言われ修正しました。 

(4)婚姻後の夫婦の氏新しい本籍

※新しい本籍地を定める場合もあるとのことでしたが、現在の本籍地のまま変えませんでした。

(5)同居を始めたとき(台湾で一緒に暮らし始めた日を記入)

(6)初婚・再婚の別

(7)同居を始める前の夫婦のそれぞれの世帯のおもな仕事 

 

届出人 私の署名と印(旦那の署名、印は必要なし)

 

その他記載項目について・・・台湾で先に入籍していたため、証人の署名は必要なし。

 

・本人確認のための身分証明書(パスポート、免許証等)と印鑑持参

・本籍地の市役所で提出したため、戸籍謄本は必要なしでした。

 

注意事項

「提出には時間に余裕をもって!」

上記の書類を提出してから、担当の方が確認してくれましたが、件数が少ない国際結婚だから?!受理に2時間超かかりました。こんなに時間がかかると思っていなかったので大誤算でした。

 

「日本語訳文は記載事項の全てを訳すること!」

結婚証明書と戸籍謄本については、記載されている全てのこと、一字一句漏らさずに訳することが必要みたいです。戸籍謄本の後ろに押された、戸政事務所の方の印までも訳が必要でした。

 

この項目や訳の必要ないだろうと勝手に自己判断せずに、とりあえず全部訳していたら安心だと思います。

 

私の場合、訳文が足りずに、後日市役所の方から呼び出し!

窓口で手書きで追記してOKがもらえました。

 

月曜日に婚姻届を提出して、その週の金曜日には新しい戸籍謄本ができあがるとのことでした。1週間以上かかるかなと思っていたのに、意外に早くてびっくり!

 

婚姻届の提出はこれで終わり!

次は居留ビザ申請に必要な犯罪経歴証明書等の申請手続きについて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慰霊の日。乳がん検診。

お久しぶりです。

約一か月の帰国を終えて、先日無事に台湾に戻ってきました。

梅雨が明けた台湾の暑さにもう耐えられそうにないKIKIです。

沖縄出身は暑さに強いでしょと言われますが暑いの嫌いです(笑)

 

さて、久しぶりのブログは6月23日の慰霊の日と帰国時に受けた乳がん検診について書いていこうと思います。

 

祖父母が語る戦争の話

祖父母4人は戦争経験者なので、幼い頃から戦中、戦後の暮らし等について聴かされてきました。

特に父方の祖父は中国への出兵を経験していたこともあり、よく話をしてくれました。祖父が語る戦争はいつも生々しく、ぞっとするエピソードがいくつもあり、幼い私たちには怖い話ばかり。

 

話が一通り終わると祖父はきまって、こう言いました。

 

「戦争は恐ろしい。絶対にやってはダメだ。」

 

いつもは優しく穏やかな祖父がこの言葉を口にする時だけは、有無を言わせぬ強い口調になるので、「あぁ、戦争は本当にやってはいけないものなんだなぁ。」と幼いながらも理解していました。

 

祖父母が語る戦争の話は、正直聴きたくないような話もありましたが、年々戦争経験者が亡くなっていったり、辛い経験を口にすることができない方もいらっしゃる中で、話を聴けたことがとってもありがたいことだったんだなぁと思えます。

 

慰霊の日の朝

6月23日慰霊の日。

この日は沖縄全体が祈りで包まれる日です。

今年は台湾で迎えました。

ベッドで目覚めて一番に目に入ったのは、隣で眠る旦那の顔でした。

銃声や爆弾の音におびえることもなく、身の危険を心配することもなく眠りにつけ、

朝目覚めた時に愛しい人が隣にいて、その寝顔をゆっくりとみつめることができる。

 

祖父母があの戦争を生き抜き、戦後の苦しい時代を耐え、父と母に命を繋いでくれたおかげで、今の私が生きている。

 

目覚めた時に、旦那の寝顔を見ながら、幸せだなぁと思えるのも、祖父母のおかげなんだなぁと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

沖縄の離れて、台湾に来た私は、祖父母が繋いでくれた命で日々ちゃんと生きていこう。当たり前の日常に感謝の気持ちをもって生きていこうとそう思えた今年の慰霊の日でした。

 

初めてした乳がん検診

帰国した際に、乳がん検診(エコー)をしてきました。

 

初めて受けるので、少しドキドキしたのですが、胸にジェルを塗って超音波を当てるだけなので、痛みもなく検査自体は10分くらいで終わりました。その後、問診。

 

検査結果は…

左手胸に小さな嚢胞が見つかりました。

 

消えていくこともあるし、小さいので今は気にする必要はないということでしたが、来年もきちんと検診を受けるようにと言われました。

 

検診の大切さを痛感

 23日のお昼頃、小林麻央さんが乳がんのため34歳でお亡くなりになったとのネットニュースで目にしました。

  

今まで、ありとあらゆる病気の事を耳にしても、自分とは関係ない、自分はかからないと心のどこかで思っていましたが、同じ女性として、自分にも襲いかかってくる可能性もある病。そして、検診で嚢胞が見つかった矢先の彼女の死のニュースは衝撃でした。

 

乳がんのエコー検査自体は全く痛みはありませんが、マンモグラフィー検査を経験したことある友だち曰く、胸をぎゅーと潰されるのであ痛かったらしいです…

 

毎年受診しているので分かりますが…

子宮ガン検診も、それなりに痛みがあります。

 

検診用の椅子の上で足を大きく広げられることに対抗がある女性も多いと思います。

 でも、検診中は腰から下にタオルがかけられ、カーテンで遮られているので医師の顔を見る事はないです。

 

検診に対するマイナスなイメージを持ち、まだ検診に行ったことがない人たちに私は声を大にして言いたいです!

 

検診中に感じる痛みはそんなに長く続くものではありませんよー!

痛みの感じ方は人それぞれですが、私は我慢できない程の痛みではないと思ってます。

 

少しの我慢で自分の体を守れるんですよー!

検診を受けて何もなければ、今後安心して生活できます。病気が見つかる時期が早ければ早いほど色々な治療法が試せ、早期完治に繋がるかもしれません。検診を受けずに、病気が体の中で進行している方がよっぽど怖くないですか?!

 

自分の体のことをきちんと理解するためにも、毎年の検診の重要性を改めて感じました。

 

来年は台湾検診を受けたいと思いますが、どこの病院がいいのかしら?!