読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも心に太陽を

台湾在住のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

披露宴会場決定までの道のりPart2

国際結婚

こんにちは。KIKIです。

 

台湾人男性と結婚して、秋に披露宴を予定しています。

前回までは、式場の規模(招待客の人数)を決める過程を書いていきました。

今回は披露宴会場決定までの道のりPart2ということで、

実際の披露宴会場見学のことを書いていこうと思います。

では、いってみましょう~♪

 

4.会場候補選びの方法とポイント

私の両親の前で台湾で披露宴を「やりたいです!」と宣言していた

台湾人旦那に会場候補選びを任せました。

会場を選ぶにあたって私たち(というか私)がこだわったポイントは3点。

 

〇料理がおいしいこと

→せっかくの披露宴。おいしい料理をゲストに食べていただきたい。

〇交通の利便性が良い立地

→私の家族や友人は日本から参加するので、きちんとしたホテルが近くにあることや、

高速道路や台湾新幹線からのアクセスがいいか。

〇会場の照明

→台湾の披露宴会場ってなんか暗い。そして、照明が紫とか水色とかなんかクラブみたいな雰囲気なんです。それは絶対に嫌。明るい会場がいい。

 

旦那は同僚やお姉さんに色々と式場について聞いたり、ネットで調べたりしてリサーチしていたようです。

 

 

5.会場見学&日取り決定

旦那が候補として挙げてきた会場は2か所。

予約はせずに直接見に行くと言うので、当日見たい会場が使われていて見学できないんじゃ意味がないから、電話して予約を取ってと私がブーブー言ったので確認してくれましたが、結局式場見学に予約は必要ないと言われました、、、(笑)

 

1か所目。旦那実家から車で10分ほど。

メリット:旦那側の親戚からのアクセスの良さ。駅近。

    新婦の控室が広い。

    式場を案内してくれた方が好印象。熱心に説明してくれた。

    サービス費10%をカットしてくれる。

    日本語の話せるスタッフを探してみると言ってくれた。

デメリット:全体的に式場の雰囲気が暗い。

     会場内にいくつもの柱があって、視界を遮られる。

     去年同じ式場で旦那お姉さんが披露宴をおこなった。

f:id:xiiiheeeintw:20170410194659j:image

 

2か所目。台中市の中心部。

メリット:会場に窓がついているから式場全体が明るい。

    天井の花柄が可愛い。

    式場建物が綺麗。

    サービス費を10%をカットしてくれる。

    日本人と台湾人カップルの披露宴を経験済み。

デメリット:案内してくれた方がそこまで熱心じゃなかった。

     新婦控室が極狭。

     ミラーボールが嫌だ。     

f:id:xiiiheeeintw:20170410194713j:image

 

 

2か所回ってきて私的には2か所目が好印象。

新婦の控室は極狭ですが、会場の広さ明るさが気に入りました!

それぞれの会場メリットデメリットありましたが、

最終的に、1か所目と値段もあまり変わらないなら、

お姉さんと同じ会場ではなくて2か所目のところにしようかと旦那と意見がまとまりました。 

 

日取りについては、9月or10月に披露宴をしたいと希望を伝えていたので、それぞれの会場で空いている日の中から結構適当に決めました(笑)

こだわれば色々と調べて良い日取りを選ぶべきですが、細かいことにこだわるといつまでたっても決まりそうになかったので、最悪この日はダメという日を避けて、選びました。

 

 

6.会場予約

式場見学をしてから約1週間後に電話にて予約をしました。

予約金を払いに行く必要があるようですが、私たちは台北にいるので、

旦那両親に手続き等はお願いしました。

 

 

書き出してみるとなんかあっさりと決まったようにみえますが、

ここまで決まるのに約2か月にかかりましたよ。

披露宴まであと半年。

これから準備の過程も記録のために、書き残していきたいと思います。