いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

国際結婚したと言うとよく質問される国籍、名字のこと

こんにちは。台湾人男性と結婚した日台国際結婚のKIKIです。

今日は国際結婚についてよく質問される国籍と名字について書いてみたいと思います。

ではいってみましょ〜♪

 

台湾人になったの?

この質問結構聞かれます!若い頃から海外によく行っていた私の母もこの質問してきました。

 

国際結婚したからといって自動的に相手の国の国籍が取得できるわけではありません。所定の手続きをとれば、台湾国籍の取得がもちろん可能ですが、国籍変更なんて考えたこともなかった!

 

勝手な想像ですが、国籍変更とかって手続きがややこしそう。(イメージです。)

国際結婚の手続きでも時間とそれなりの手間がかかったのに、国籍取得ってなったら年単位で時間かかりそう。。。

国際結婚をしてから、自分の国「日本」や自分の故郷「沖縄」について考えることが増えました。日本、沖縄に生まれて良かったなぁと思う部分もたくさん。

私は日本国籍のまま、永遠日本人です!

 f:id:xiiiheeeintw:20170731152032j:image

名字はどうなるの?

台湾での名前

台湾人彼と結婚手続きをする際、中国語名をつけることも可能でした。当初は、彼の名字1字に私の名前3文字のうち前2文字をつけて計3文字にすることを考えていました。

 

彼の名前:〇◆△

私の名前:◇▼♡▲◎

中国語名案:〇♡▲

 

しかし、中国語名をつくると居留証にはその名前で書かれるのに、日本のパスポートは5文字の名前のまま。名前が2つあることでどこかで手続き等で混乱しそうだなと思ったので、結局中国語名は作らず日本名の5文字をそのまま使用しています。

 

私の名前の漢字が台湾でも全て使用できる漢字だったので、結婚手続きの際も特に日本名を使用することで問題はありませんでした。

 

日本での名前

日本での結婚手続きの際、私が筆頭者として新しく戸籍を編製するので、その際に彼の姓にして名前の変更も可能だったと思います。

けど、日本でも名字の変更はしていません。

 

名字を変えなかった一番の理由

結婚して同じ名字になりたいという願望や憧れがなかったから。

好きな人ができた時、相手の名字と自分の名前を合わせて結婚を妄想をしたこともあります(笑)けど、どんな名字も自分の名前とはしっくりこない。

名字を変えると自分が自分ではなくなるような感覚が付きまとい、できることなら名字を変えたくないという思いが強かったです。

 

夫婦別姓だと家族じゃない?

親が別々の名字だと子どもが可哀そう?

私はそうは思いません。

 

名前は自分自身を表すもの。誰かに呼ばれ、周りに「わたし」という人を認識してもらうためのツール。生きている間ずっと付き合うもの。一番よく書く文字はきっと自分の名前。

夫婦同姓、夫婦別姓をそれぞれ選択できてもいいと思います。

台湾は夫婦別姓。中には旦那さんの名字と自分の名字を合わせて名字2文字の人もいるようですよ。例:陳さんと結婚した林さんが名字を陳林にする。

 

 

国際結婚の割合が増えてきたとはいえ、身近ではない国際結婚?!

まだまだ私は周りから色々な質問をされそうですね~♪