いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

日台夫婦の私たちの共通言語

台湾人と結婚した日台夫婦のKIKIです。

今日は私たち夫婦の共通言語について、書いてみたいと思います!

最近は日本、台湾以外の場所で出会う日台カップルさんも多いみたいなので、どちらかの母国語が共通言語ではないパターンの日台カップルさんたちも多そうですね。

さて、私たち夫婦の場合は。。。では、いってみましょ〜♪

 

共通言語はずばり日本語! 

99.9%が日本語。残りの0.1%はたまに私が気まぐれで話す中国語(笑)

テレビを観ていて旦那が初めて聞いた単語や表現方法の意味や使い方をたまに教えてくらいで、日本語での会話するのに一切苦労はないです。

時々可愛い言い間違い「サエ」→「エサ」、「ラビグー」→「ラグビー」、「とうろもこし」→「とうもろこし」がありますが、その都度正しく修正してあげています。

 

 私の中国語レベル

高校時代から中国語を勉強を始めたので、私も中国語が一応できます。

えぇ本当に一応です。

早口で話されたら、知ってる単語でも全く理解できません。みんなもっとゆっくり話して欲しいと思ってしまう日々です(笑)

中国語の検定を受けたのはかれこれ10年以上前で、中国語検定3級を合格。

高校、大学で中国語を勉強し続けていましたが、全部簡体字。

大学3年生の時に留学で初めて台湾に来て、繁体字を勉強し始めたので、当初は繁体字が全くが読めず。。。また台湾中国語にも全く慣れていなかったので、聞き取りもままならず。。。

台湾に暮らして約1年。ドリンクショップでなんとか一人でオーダーできるようになった私の中国語はまだまだ発展途上。

 

彼の日本語レベル

大学生の頃、英語学科の彼は第二外国語として日本語学習スタート。

幼い時には観ていたテレビアニメは全て日本のアニメ(スラムダンク、孫悟空等)と言っていたので、日本文化には多少馴染みがあったもよう。

ちなみに私は彼が観ていたという日本のアニメはほとんど観たことがなく、アニメについては彼のほうが私より絶対詳しいです(笑)

私と旦那が初めて出会った時(かれこれ7年前には)既にある程度会話には困らないレベルで日本語話せていました。

 その後大学院に進み、日本の大学に1年留学。日本語能力検定1級。

中国語、英語、日本語、台湾語を話す旦那。言語能力本当に凄すぎます。

 

その他家族との使用言語

私⇔旦那家族

旦那家族は一切日本語ができないため、100%中国語での会話です。

義理ママはおしゃべり大好きで私にもよく話しかけてきますが、正直4~5割くらいしか内容を理解していません。

拙い中国語で必死にコミュニケーションをとり、理解できない単語は旦那に聞く、もしくはケータイで調べるしてなんとかコミュニケーションをとれています。

言葉の壁がある旦那家族と話す時は、内容を大半理解していなくても、いつも笑顔で話を聴くように心がけています。そして、理解できないことは素直に、「わからない。」「どういう意味?」と聞き返すようにしています。

旦那⇔旦那家族

旦那⇔旦那家族は台湾語での会話率高め。(私に話しかける時は中国語で話してくれますが)義理パパと旦那の会話はほぼほぼ台湾語。

旦那⇔80歳を超える旦那祖父母との会話に至っては100%台湾語です。

私は台湾語は「こんにちは」、「ありがとう」、「すみません」くらいしかわからないので、台湾語での会話が始まったら全くわかりません。完全アウェーです。

 

旦那⇔私家族

私の家族は母が英語を少々。その他家族は外国語は一切できません。

旦那⇔私の家族はもちろん100%日本語。

たまに沖縄の方言の単語が会話に出てくると、旦那が「?????」って顔で私を見てきます(笑)

 

 

日本語で会話する私たち夫婦を見て、最近義理ママが旦那に「中国語でコミュニケーションをとりなさい。」と言っていたようです。

夫婦間コミュニケーションが99.9%中国語になる日はやって来なくても、せめて4割が中国語になるように日々努力するしかないですね。。。

 

台湾の言語事情

台湾は何語で話すの?とよく聞かれますが、「國語」と言われる台湾中国語が一般的に使われます。台湾の公用語って感じでしょうか。その他に台湾語や客家語、原住民族の言語があります。

 

これまたよく聞かれますが、台湾語と中国語は全くの別言語です。

例:中国語「你好 ニーハオ」 台湾語「哩賀 リーホウ」

 

そして、中国大陸で使われる中国語と台湾で使われる中国語も表現方法、単語、発音が微妙に違ってきます。

最近は台湾語を話せる若い世代が少なくなってきたようですが、年配の方だと中国語より台湾語をよく使います。また、日本統治時代に学生だった世代の方は日本語教育を受けた影響で日本語が話せる方もいるようです。

中国語がある程度できたら、台湾語の学習にもチャレンジしてみたいですが、そんな日が来るのかどうか自分でも謎です。

 

 

母語じゃない言語で日々会話することにあまりストレスを感じてもいない様子の旦那。家庭内では言葉の壁を感じることなく会話できるので、旦那に感謝感謝です☆