いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

日本人妻の台湾生活④〜郵便局での出来事〜

台湾生活が1年を過ぎた日本人妻のKIKIです。

日本や沖縄と違う言葉や文化のため、時々嫌な思いもしますが、暮らしていて台湾人の温かさにほっこりすることもあります。

今日はそんなある日の出来事を書いていきます。

 

 

では、行ってみましょう~♪

 

 

書くことが好き♡

小学生の頃、仲の良い友だちと手紙や交換ノートをやりとりをした経験はありますか?

私は幼い頃より絵を描くよりは、文章を書く方が好きというタイプでした。

小中学生の頃は、市町村単位の交流事業で出会った子と文通をしたり~

大学進学と同時に親元を離れて暮らし始めた時には、母とよく手紙のやりとりをしていました。

大人になった今でも、手紙を書くことが好きで、家族や友人に宛ててよく書いています。

  

 f:id:xiiiheeeintw:20171027114704j:image

 

局員さんからの思わぬ一言

さてさてそんな私が近所の郵便局に行った時のこと。

いつものように「日本に送りたい」と伝えて9通ほどポストカードや封筒を窓口に出し、

「全部日本へ送るものだよ。」

「書留ではなく普通郵便でいいよ。」

と局員のおじさん?(40代前半くらい)とやりとりをしていたら…

 

おじさん「日本人なの?」

私「そうだよ。」

⇒この返答におじさんなんだか嬉しそうに微笑んでいる

 

切手代金を支払い、おじさんにお礼を伝えて窓口から離れようとした時!

 

おじさんが笑顔で一言 「おおきにー!」

私一瞬何を言われたのか認識できずにいたら…

「ありがとうございます。」

と日本語でお礼を言われた!

 

※私が「おおきにー」に対しての反応が良くなかったから、「ありがとうございます」に言い直したんだと思います(;^ω^)

 

まさかの関西弁でお礼を言われるとは!

たった一言の日本語でのお礼の言葉でしたが、なんだかほっこりしました♪

以前に別の郵便局では、窓口におじちゃん(50代くらい)が日本語で話しかけてきてびっくりびっくり。びっくりしすぎて日本語での質問に、中国語で返すというちぐはぐな返しをしてしまいましたよ(笑)

 

「ありがとう」の一言でも、自分の国の言葉で言われると本当に嬉しいですね。

私もいつか何かの機会に(どんな機会なのか知りませんが笑)

相手の国の言葉で一言お礼を伝えられたらいいな~♪

 

ちなみに…

台湾から日本にはがきや手紙を送る時の切手の値段(航空便)は、はがきは10元(訳37円)、手紙だと封筒の大きさや重さにもよりますが、だいたい13元(訳48円)です♪

日本の航空便(はがき70円、手紙(定型)25ℊまで90円)と比べると訳半額で送れるので、よく手紙を送る私には嬉しい料金です。