いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

トイレットペーパーが流せるようになったよー!

こんにちは。

暖かくなったり〜寒くなったり〜そんな天気が続いてる台北です。

お洋服が欲しいなぁと思っているKIKIです。

 

さてさて、日本と近いといえど、ここは外国台湾!

台湾生活では、日本とは違う習慣もたくさーん!

 

そのうちの1つ、トイレ問題!

 

  

今日は台湾のトイレ事情について少し書いて行きたいと思いまーす。

では、行ってみましょ〜♪

 

使用済みトイレットペーパーはどこに捨てる?

これまで

今までは使用済みトイレットペーパーは、配管や使用するペーパーの溶けにくさ等の問題から、個室にそれぞれ置かれているごみ箱に捨てていました。

 

日本だと生理用品等を捨てるために、小さめのごみ箱が設置されていることが多いですが、台湾だとトイレットペーパーも生理用品等も一緒に入れるために、ごみ箱のサイズは少し大きめです。

 

用を足したら、使用済みトイレットペーパーは横のごみ箱にポイ。

 

これから

ごみ箱に捨てていたトイレットペーパーが、日本と同じように便器に流せるようになったんです!

「使用済みトイレットペーパーはごみ箱に捨ててください」という表示だったのが、今ではあちこちで「トイレットペーパーは便器に捨ててください」という表示に変わっています。

 

 空港(左下の表示です)

f:id:xiiiheeeintw:20171030185345j:image 

 

スーパーマーケット

 f:id:xiiiheeeintw:20171030185320j:image

  

MRT(地下鉄)の構内のトイレ

f:id:xiiiheeeintw:20171102124337j:image

 

マクドナルド 

f:id:xiiiheeeintw:20171030185250j:image

 

MRT(地下鉄)の駅、空港、大型商業施設でも流してOKな所が多くなりました。

 

しかし、流してOKの場所でも、ごみ箱内に使用済みトイレットペーパーが捨てられていることがあります。長年ごみ箱に捨てる習慣が身についていたものを、便器に流すとい行為に切り替えるのはまだまだ時間がかかりそう。

 

そして、地方や小さなお店等では、ごみ箱に捨てなくてはいけません。

 

台湾全土でどこでも便器に使用済みトイレットペーパーを流してOKという日が来るには、まだまだ時間がかかりそうです。

 

長年便器に流すという習慣が身に付いている私からすると、この変化は嬉しい限りです。

トイレ内の臭いも減りますし、トイレの美化にも繋がるかと!

 

台湾でトイレに入った際は、使用済みトイレットペーパーの捨て方について表示をきちんと確認して捨ててくださいね!