いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

繁体字を書くのが面倒く感じる時に思い出すこと

今日は中国語の文字にまつわる思い出を書いていきたいと思います。

台湾留学時代にお世話になった先生と「漢字」にまつわるエピソードです。

では、行ってみましょう~♪

 

 

簡体字と繁体字の違い

中国語は漢字を使用することは誰もが周知していると思いますが、その漢字には簡体字と繁体字という種類があり、国や地域によって使用される漢字の種類が違ってくるんです。

 

简体字(中国大陸で使用) 

繁體字(主に台湾や香港で使用)

まず、それぞれの字体で簡体字と繁体字と書いても違いがありますよね。

 

単語を並べてみたので、見比べてみて下さい。左が簡体字で、右が繁体字です。

 

爱 ⇔ 愛
这边 ⇔ 這邊(ここ)
学 ⇔ 學   

冲绳 ⇔ 沖繩
广东 ⇔ 廣東

电视 ⇔ 電視(テレビ)

飞机 ⇔ 飛機(飛行機)
机场 ⇔ 機場(空港)

担仔面 ⇔ 擔子麵
小笼包 ⇔ 小籠包
圣诞节 ⇔ 聖誕節(クリスマス)


まず、見た目が全然違いますよね。

 

私は簡体字で中国語学習をスタートしたため、中国語は全部簡体字だと思っていました。

中国語を学習し始めて5年目くらい台湾留学を考え始めたころに、恥ずかしながら私は繁体字の存在を知ったくらいです(;^ω^)

 

台湾人としてのアイデンティティー

繁体字を見た時まず思ったのは、画数多すぎーってこと。

簡体字書き慣れていた私は、簡体字と繁体字の漢字が一致しないから繁体字をまず読めない!

留学先の大学内の本屋さんで簡体字と繁体字の相互字典みたいなものを買って、当初は勉強していました。

 

繁体字が理解できない→字典を引く(単語の漢字が全てわかる)→意味を調べるために電子辞書を引く→やっと単語の意味を理解する

 

とやっているので、中国語学習に時間がかかったのは言うまでもありません。

 

そんなある日、留学手続きでお世話になった台湾人の先生にふと愚痴をこぼしました。

 

 

私「繁体字は画数が多くて書くのが大変なんだよね。簡体字が書きやすいんだよね〜」

 

先生「繁体字のほうが(文字として)美しいでしょ。」

 

!(゚д゚)!(゚д゚)!(゚д゚)!(゚д゚)!

 

文字の美しさなんて考えたことなかった私にとっては、先生の返事は衝撃的でした!

 

簡体字は書きやすいけど、見た目の美しさでいうと確かに繁体字に比べたらそれほど…

文字としての美しさという観点で簡体字と繁体字を見比べたら、繁体字が綺麗だとその時に初めて思いました。

 

繁体字を使う中国語が母語である。

その後いかに繁体字が綺麗なのか語る先生の姿から、台湾人としてのアイデンティティーや誇りを感じました。

 

 

その出来事があって以降、繁体字を書くのが面倒くさいなぁと思う時には、先生の「繁体字のほうが(文字として)美しいでしょ。」との言葉を思い出しています。

 

自分は美しい文字を書いている。そう思って繁体字の画数の多さを受け入れるKIKIです。

 

ではまた~♪