いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

最近のちょっとした悩みとOpenWhenLettersの話

どうも~KIKIです。

20℃以上ある中、マフラーを巻いてお買い物にでかけたら、マフラー完全に必要なかった!

そんなポカポカ陽気だけど、木陰はとっても寒いです。

台湾の天気って本当にコロコロ変わるなーと思っている今日この頃。

 

 

さて、タイトル通りKIKIにはちょっとした悩みがあります。

それは…

 

プレゼント選び!!

 

2月~3月とKIKIの周りではイベント(家族の誕生日や結婚記念日)が続くんです。

両親への誕生日プレゼント~

初めて迎える結婚記念日(我が家の場合は台湾での結婚登録をした日)のプレゼント~

 

父へは帽子?母へはワイン?

夫へは何かお揃いのもの~

あれこれ考えて調べてみるも、いまいちピンとくるものがなく…

 

楽天などで注文しようかと思っても、沖縄への送料が高い!

高い送料を払うくらいなら、台湾で探して持って帰ろうかと思うけど、日本と同じような製品を台湾で買うとなると日本より値段が高くつく(笑)

 

さてどうしましょ~ですよ(´・ω・`)

 

みなさん毎回家族や恋人、パートナーへのプレゼントって何を選んでますか?

こんなもの贈ったことあるよって意見いろいろ聴いてみたいです~

 

 

さて、突然話は変わりますが、昨年披露宴当日に夫にサプライズプレゼントしようとして用意していたのに、披露宴当日までに完成させることができずに後日渡したものがあります(笑)

 

それは、「Open When Letters」 というもの。

Open When~ 〇〇〇な時に開けてねといって渡す手紙です。

 

 f:id:xiiiheeeintw:20180115201731j:image

 

例えば、「元気がない時」、「悲しい時」、「初めての子どもが生まれた日」などいろいろな時を想像しながら私は50通書きました!

50通書くのに、約2か月半かかりました。手紙を書くのが好きな私でもさすがにもう書きたくない( ;∀;)

 

なんで披露宴に間に合わなかったかというと…

台湾では「4」という数字は縁起が良くないので、4を避けて目指せ50通と奮闘していたら…普通に間に合いませんでした。

30通で止めておけば良かったと激しく後悔した時には40通を超えており、もう50通書くほかどうにもなりませんでした(笑)

 

披露宴が終わって少し落ち着いたころに、50通の手紙を箱に入れて夫も驚く「え?!今?!」というタイミングでさらっと渡しました。

夫のことをサプライズ下手と以前書きましたが、私も相当のサプライズ下手だなぁと実感した出来ことでした(/ω\)

 

 

これから披露宴があり、旦那さんに何かサプライズしたいと思っている花嫁さん。

「Open When Letters」

やってみてはどうでしょう?

日ごろなかなか口に出して言えない思いをお手紙にして残すというのもいいと思います。KIKIみたいに目指せ50通とはいいませんが(笑)5通でも十分嬉しいサプライズになるかなぁと思いますよ♪

 

ではまた~♪