いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

日本人妻の台湾生活⑩~お茶選びに失敗する話~

南国育ちだけど暑いのは苦手なKIKIです。

今日の最高気温は32°で、体感気温は37°ですって台北!

だんだんと暑くなってくる台湾。暑いと水分補給が必須ですよね!

今日は台湾生活を始めた頃お茶を買った際によく失敗していた経験を書いていきたいと思います。

では、行ってみましょう~♪

 

 

お茶=無糖という無意識

紅茶は甘い商品も発売されていますが…日本だとお茶(緑茶、烏龍茶、麦茶etc...)は無糖が当たり前。砂糖が入っているなんて、まず思いもしませんよね?!

 

お茶が甘いって微塵も思わないし、甘いお茶はお茶じゃない!ってむしろ個人的には思っています。

 

お茶は苦みがあったり、そのお茶特有のクセが美味しく感じられるポイントですよね。

日本で砂糖入りの緑茶とか売り出しても売れないだろうな(*_*;

 

台湾やその他国では甘いお茶が当たり前?!

最近発売された無糖のお茶で飲んだのがこちら「原萃」の玉露入り緑茶⇓

 

f:id:xiiiheeeintw:20180412190215j:image

 

f:id:xiiiheeeintw:20180412190221j:image

ちゃんと無糖と書かれていますよ!

 

台湾以外でも中国、タイで甘いお茶を買って失敗した経験有。

お茶以外でもベトナムではコーヒーが激甘と聞いたことがあります。

暑い地域や南の国では甘い飲み物が好まれるのでしょうか?

 

台湾での宴会で出されたお茶が甘かった。

コンビニでお茶を買う際によくラベルもみずに購入したものを飲んだら甘かった。

 

上記の経験私自身もしたことありますし、台湾旅行に来た友人やその他台湾在住の方のSNSで、よく耳にしたり~目にしたり~。

 

口に入れた瞬間…

あぁぁぁぁぁまっずーーーーーい( ;´Д`)( ;´Д`)( ;´Д`)

手元にはまだ大量の甘いお茶。一気にゲンナリします。

 

お茶=無糖という日本人の無意識は外国に来たら要注意ですよ!

 

台湾のコンビニ等でお茶を買う際には、必ず「無糖」と書かれているかチェックしてください。

無糖と書かれていなかったら、砂糖入りで甘い可能性が大なので気を付けてくださいね!

 

ちなみに、この「原萃」緑茶以外にもセイロン紅茶、東方美人茶、烏龍茶も無糖のものが発売されています♪

阿部寛さんがイメージキャラクターをしていて、TVCMもよく流れています♪

 

www.youtube.com

 

ドリンクショップでお茶を買う際には自分で砂糖の量を選べたりするので、甘い飲み物が苦手な方はぜひ「無糖」を選んでみてくださいね。

 

台湾で甘いお茶を飲んで失敗する人が一人でも減ることを願って(笑)

 

では、また~♪