いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

台湾の名字&名前事情

どーもKIKIです。

突然ですが、皆さんはご自身の「名前」は好きですか?

よく色々な方から「〇〇〇さん(私の名前)というお名前の方とは初めてお会いしました。素敵なお名前ですね。」と声をかけていただくこともあり~

私は自分の名前大好きでお気に入りです♪

今日は台湾に来てびっくりした、台湾人の名字&名前事情についてです。

では、いってみましょう~♪

 

 

台湾では名前は一生モノじゃない?!改名は割と普通?!

ここ数年日本ではキラキラネームやDQネームとか難読な字や珍しい音の名前が増えているようで…

生きている間多くの人から呼ばれる「名前」、自分でも口にすることが多い「名前」。

日本での改名手続きは時間も労力もかかり大変だそう…だから、名前は一生付き合うものという感覚ですよね。

 

しかーーーーーーーーーーーーし、台湾ではちょっと違ってくるんです。

 

台湾では改名が比較的しやすく、一生のうちに数回許されているとか。

※一回じゃないんだって思わず心の中でツッコミましたよね。

 

改名の理由も、同じ名前の人が多いから~運気を上げたいから~etc...となんともびっくりなものが認められるそう。

※日本では絶対その理由通らないでしょうね…

  

身近にいた改名経験者

台湾人夫がまだ彼氏だった頃、ひょんなことから名前の話になり~

夫が改名経験者だったことが発覚( ゚Д゚)

 

夫が改名したのは高校卒業後、義理ママの提案。

その時義理ママ、義姉さんの3人が改名。義理パパも改名しようと義理ママが提案したものの、義理パパは仕事の関係もあり改名拒否。

 

改名理由は、この名前のままでは運勢が良くないとかなんとか(-_-;)

しかも、改名後の名前は占いに行って決めてもらった名前らしい。

※台湾では名づけの際、占いに行くことは結構よく聞く。

 

夫の改名話を聞くまで、台湾では改名が比較的容易にできることを全く知らず…

「えっ?!改名したことあるの?!」驚きが半端なかったです。

 

改名後、卒業した学校に名前変更の連絡をしたり、今まで持っていた身分証、健康保険カードの手続きもあったりと手続きはやっぱりめんどくさかったよう。

 

前の名前を教えてと何度お願いしても頑なに言わなかった夫。

しかしある時、思わぬ形で夫の前の名前が判明しました。

それは…親戚のおばちゃんが夫のことを前の名前で呼ぶから( *´艸`)

 

名前を変えて10年以上経つのに、親戚のおばちゃんはどうしても新しい名前を覚えられないよう。まぁ1年に1回くらいしか会わないから覚えられなくても仕方ない(-_-;)

夫のことを違う名前で何度も呼ぶので、私が不思議に思い、「〇△って誰の事?」と聞くと、夫は「…前の名前…」とようやく教えてくれました。

 

自分のことをずっと前の名前で呼ぶおばちゃんに何度も、「今は改名して、☆◇って名前だよと」というけれど、おばちゃん「ふ~~~ん」って聞き流しています(笑)

  

ちなみに、改名した事実はしっかり戸籍謄本にも記載されていますよ。

 

名字も独特なものがある

台湾で多い名字は1位陳さん、2位林さん、3位黄さんのようです。

一文字の名字+名前二文字という組み合わせが圧倒的に多い。

 

でもたまに2文字以上の名字を持つ方がいいます。

ある時どちらも名字で見かける漢字を合わせた名字の方を見かけました。

例 陳林〇(※名字二文字で名前一文字)

 

不思議に思って、台湾人夫にそのことを話すと、結婚した際に夫の名字をくっつけて二文字になることがあるようです。

台湾は基本的に夫婦別姓ですが、結婚した時に夫の名字を名乗ることから、一昔前女の子の名前は一文字でつけていたようです。

 

結婚を機に名字が二文字になる人もいれば、両親それぞれの姓を名乗り生まれた時から名字が二文字の人もいるそう。

 

結婚相手の名字もくっつけるって夫婦同姓のようで夫婦別姓みたいで面白いシステムだなと思いました。

 

 

お国が変われば名づけもいろいろありますね~

皆さんもし改名のチャンスがあれば、ご自身の名前変えてみたいですか?

 

ではまた~♪