いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

台湾コーヒーをお土産にしたらかなり高くついたって話。

いくつか書いている台湾のお土産ブログ。

今回は、な、な、な、な、なんと!

コーヒーについです!

台湾コーヒーの存在を皆さんご存知でしたか?!

では、いってみましょう~♪

 

 

台湾産コーヒーがある?!

私が台湾コーヒーの存在を知ったのは、実は母からのお土産リスクエストだったんです。

 

帰国が迫ってきたある日、母にお土産のリクエストを聞いてみました。

 

母「台湾のコーヒーが有名らしいから買ってきて欲しい!」

KIKI「台湾のコーヒー?紅茶の間違いじゃない?!」

母「いや紅茶じゃなくて、コーヒー。台湾産のコーヒーがあるみたいよ。」

 

阿里山紅茶は有名だけど、その時まで台湾でコーヒーが栽培されていることなんて全く知らず…

台湾人夫に聞いてみると…「あるよ!」と一言。

生産量は多くないものの、台湾でもコーヒーを生産しているらしいです♪

  

どこで買えるの?

ドリップコーヒー、豆でもなく母は粉タイプが欲しいとのこと。

夫に聞いてみたものの、台湾産のコーヒーがあることは知っていても、どこで売られているのかまでは知らない様子…

ネットで色々調べてみたものの、お店の場所が遠かったり~粉タイプのものを取り扱ってなかったり~とお店探しは少し苦戦しました。

 

購入場所はこちら⇓

 

巴登咖啡 天母店 (Barden Coffee)

住所:台北市天母東路69巷11-4號

※天母の新光三越の近く。「巴登咖啡」で検索するとFacebookのページもあります。

 

雲林にコーヒー農園があるようで、本店も雲林。

台北には1店舗しかありませんが、台湾全土(主に中南部)にカフェを数店舗展開していますよ。

 

店内ではコーヒーの他に、手作りのパンなども販売していました。

もちろん店内でも台湾コーヒー味わえますよ♪

  

購入したのはこちら⇓ハーフポンド約250gのもの。

f:id:xiiiheeeintw:20180213222239j:image

細かい/粗いどうちらのタイプがいいですかと聞いてくれ、粉タイプにしてくれました。 

袋にはちゃんと「TAIWAN COFFEE」と書かれているー!

 

 

お値段は…なんと…なんと…驚きの…

 

 

500元(約1,800円)

 

 

たっかーたっかーたっかーたっかー

何度でも言います。高い!(笑)

 

 

 

さてさてそのお味は?!

残念ながら私はコーヒーを飲まないので、味や香りについてレポートすることはできないので、すみません。。。

 

お土産にしてはちょっと?!高いお値段のコーヒーではありますが、コーヒー好きな方は一度試してみてはどうですか?