いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

台湾の絵本

午前中晴れていましたが、午後になって雷がゴロゴロ聞こえる台北からこんにちは。

帰国する度に本を購入しているKIKIです(^.^)/~~~

本を購入するのはいいけれど、他の荷物を詰めていたら本が入らず…

実家には買ったままの本たちが数冊。(;´д`)トホホ

今日は台湾で購入した絵本の話です。

では、いってみましょう~♪

 

 

初めて台湾でネットショッピング☆

台湾に引っ越してきてから本屋ではよく絵本コーナーを見ることが多いです。

※ただ単に中国語の小説を読める程の語学力がないだけ(笑)

ある時、ふと立ち寄った本屋で見つけた絵本をどうしても欲しくなり、日本語版がないかとネットで調べて居た時のこと。

 

本の割引をしている本屋も多いのですが…

店頭では割引されていなくても、その本屋のネットショップでは割引を実施している!

ということが判明!(^O^)/

 

またその時1,000元以上購入すると10%offというキャンペーン中だったので、早速会員登録し絵本3冊とポストカードを購入。

その他に、セブンイレブンで受け取り→支払いができるところもその本屋のネットショップを選んだ理由の一つ。

 

会員登録をしてささっと注文。数日後には手元に届き喜んでいる私を見て、ネットショッピングを一度もしたことない台湾人夫は「凄いねー凄いねー」と言いつつ、若干引いていました(笑)

  

購入した絵本はこちら!

台湾に移住してから購入した絵本をざっとご紹介♪

 

「台灣地圖」

圖・文:陳又凌

出版発行:聯經出版   定価:350元   対象年齢:小学校3~4年生以上

f:id:xiiiheeeintw:20180606145431j:image

この絵本はタイトルの通り台湾の都市や地域をイラストで表現したもの。

文章はなく優しいタッチのイラストだけなので中国語が苦手な外国人でも楽しめる一冊。

 

 

 「12個插畫家的台灣風情地圖」

作者:吳宜庭、王瀅琇、ChiChi夏、許育榮、嘻了先生、蔡秀敏、羅方君、一手刀、張瓊文、曹益欣、詹益忠林俐、鄭淑芬

 出版発行:聯經出版   定価:420元 

f:id:xiiiheeeintw:20180606145435j:image

「台湾の生態地図」、「台湾の動物地図」、「台湾の果物地図」などそれぞれのテーマに沿って12名のイラストレーターが台湾の地図を描いている一冊。

こちらの絵本は各ページ8~10行ほどの文章がついて、地図の内容についてより詳しく知ることができますよ。

 

 

「世界的孩子不一樣的生活」

圖・文:麥特・拉莫斯  譯:彭欣喬

出版発行:遠見天下文化出版   定価:380元

対象年齢:7歳以上(親子で読む場合は5歳以上)

f:id:xiiiheeeintw:20180606145458j:image

 ペルー、ロシア、イタリア、ウガンダ、イラン、インド、日本という七ヵ国の子どもたちのライフスタイルの違いをイラストと文章でまとめた絵本です。

朝ごはん、登校の際の服装、教室内や授業の様子、友だちとの遊び方などイラストと短い文章で紹介されているのでわかりやすく面白いです。

作者はアメリカ人なので、翻訳された中国語版の絵本になります。

 

 

「夢想中的陀螺」

文:陳玉金 圖:呂游銘

出版発行:維京國際   定価:300元

f:id:xiiiheeeintw:20180606145440j:image

 こちらは第二次世界大戦、日本統治時代の台湾を舞台にしたお話。

台湾で戦争をテーマにした絵本を見かけたことがなく珍しかったので購入。

 

話は少し変わりますが…

「夢想中的陀螺」は地下鉄中山駅~雙連駅の地下街にあった本屋ストリートで購入したもの。

いろいろな本屋が立ち並び、それぞれの本屋の個性が出る本棚が好きで本選びが楽しい場所で、 KIKI的にはとても好きなスポットの一つでしたが、去年誠品書店にリニューアルされてしまい本当に残念です(>_<)

 

 

いろいろな本屋さんを巡って、また素敵な絵本との出会いをしたいです。

みなさんのお気に入りの本屋があればぜひ教えてくださいね!

 

では、また~♪