いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

備えあれば患いなし

みなさんこんにちは!KIKIです。

昨日台湾時間13時過ぎに台湾東部花蓮で大きな地震がありました。

台北市内でも棚が倒れたり、物が落ちたり、建物が一部壊れたりと被害があったようですが、幸い死者がいなかったのは良かったです。

台湾に来て一番の大きく、長く揺れを感じ怖い思いをしたので、防災グッズを準備しておく必要性を強く感じました。

今朝は家の中のガサゴソして防災バックの用意。

今日は私が準備した防災グッズについて書いてみたいと思います♪

台湾も地震大国だと実感

台湾に移住する前知人に「台湾も地震が多いところだから、地域の避難場所の確認や地震に対する備えをしっかりしておいてね」と言われたことがありました。

正直その時には台湾=地震のイメージがあまりなく、恥ずかしながら台湾での地震を軽く見ていました。

いざ移住してみて、体に感じる地震の多いこと多いこと。

寝ている時、昼間も「あ、揺れてる。」と感じる機会が日本にいる時よりグーンと増えました。

 

台湾も過去何度も大きな震災を経験しており、台中市には地震教育施設があります。自分が意識してみていなかっただけで、地震に関する話題や建物が身近にあることに気づきました。

 

今回長く大きな揺れを感じたことで「防災」を強く意識するようになり、今朝部屋をガサゴソして防災バッグ作りをしてみました。

 

家にあるものでひとまず防災バッグ作り

用意してみたのは以下の通り↓

 

〇ビニール袋(4~5枚ほど)

〇ティッシュ(1袋)、ポケットティッシュ(2~3個)

〇お金(小銭も含めて)

〇生理用品(羽根つき5枚、おりものシート10枚ほど)

〇ばんそうこ(6枚ほど)

〇綿棒・ガーゼ

〇薬(鎮痛剤、風邪薬など)

〇簡易食器(スプーン、フォーク、割り箸、ストローなど)

〇使い捨て歯ブラシ&歯磨き粉

〇洗面用具(ミニ石鹸、旅行用のミニシャンプー、使い捨てボディタオル)

〇タオル(ハンドタオルなど3枚)

〇筆記用具(油性のボールペンとマーカー各1本)

〇マスク

 

あちこちのサイトを見ながらざっと用意してみました。

家の中にはあまり使っていないもの(タオルや使い捨て歯ブラシ等)があったので防災バッグに入れてみました。

 

当然、上記の物だけでは足りず飲料水、非常食、懐中電灯などまだまだ用意しなきゃいけないものがたくさんあります。

防災バッグを用意するだけで満足するのではなく、家族が増えた時など定期的にバッグの中身を見直すことも大切だなと思いました。

 

何も備えておらず災害に遭うほうが怖いなと今回強く感じたので、防災バッグを用意するだけではなくこの機会にきちんと「防災」について家族とも話し合っておこうと思いました。

 

 

台湾在住の皆さんは災害等に備えて準備しているものはありますか?

では、また~♪