いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

臭豆腐と納豆。永遠に分かり合えない。

みなさんこんにちはKIKIです。

さて今日のブログのタイトル「臭豆腐と納豆」。

ご存知の通り台湾と日本を代表する「においが独特な食べ物」ですよね!

台湾人夫の林太郎との間に「臭豆腐と納豆」の他いくつかカルチャーショックなエピソードを今日は紹介します。

では、いってみましょう~♪

臭豆腐が食べられない日本人妻と納豆が食べられない台湾人夫

臭豆腐が食べられない日本人妻KIKI

臭豆腐は本当に苦手。何が苦手って「におい」。

ハマれば大好きになる方もいるようですが、私はどうしてもあのにおいが無理。あのにおいさえなければ、揚げ豆腐みたいな感じで美味しそうではあるんですがね…

 

台湾ではどこの地域でも屋台や夜市などで臭豆腐を売るお店は多く、街中で避けようと思ってもまぁ~漂ってくる強烈なにおい。

台湾生活約3年の間に確実に臭豆腐を避けるセンサーが発達したKIKIです(笑)

 

私が臭豆腐のにおいの強烈さをよく話すため?!台湾に来たことがある日本の家族・友人の中で臭豆腐を食べたいと興味を持つ人もいなければ、食べることにチャレンジした人も当然いません(笑)

 

 

納豆が食べられない台湾人夫林太郎 

納豆の何がダメなの?!と聞くとやっぱり「におい」なんだそう。

何度か林太郎は納豆を食べてみたそうですが何度挑戦してみても無理のよう。

 

帰国したら必ず食べるほど私は大の納豆好き!

林太郎と一緒に帰国して、食卓で嬉しそうに美味しそうに納豆を食べる私を林太郎はいつも信じられないといういう顔で見つめてます(笑)

 

台湾でも納豆は購入可ですが、何より自宅で納豆を食べることを林太郎が激しく嫌がるので一度も購入したことはありません(´・ω・`)

 

その他のカルチャーショック

日本の国民的アニメを知らない?!

日本の国民的アニメと言えば色々あると思うのですが、KIKI的には「ちびまる子ちゃんとサザエさん」

日曜日の18時台はアニメの時間。我が家では唯一観ているアニメでした。

 

ある時、サザエさんの話をしていたら隣の林太郎の反応が悪い。

あれ?と思って「サザエさん知らないと?!」と聞いてみたところ、「うん。知らない。観たことない。」ですって(゚д゚)!

 

そういえば、ちびまる子ちゃんはここ台湾でも中国語吹替&字幕付き放送されていたり、グッズもあちこちで見かけるけど、サザエさんは確かに見たことない。 

まる子ちゃんちゃんよりTHE日本感あるサザエさんは海外放送向きではないのでしょうかね(´・ω・`)

 

台湾でよく放送されている「スラムダンク」や「はじめの一歩」を林太郎は好んで観ているのですが、日本のアニメなのに私は漫画を読んだこともなければ、当然アニメも観たこともなく、ストーリーさえ知らなかったです。

サザエさんを知らない林太郎とスラムダンクを知らないKIKIはお互い様ですね(笑)

 

大ヒット曲を一緒に口ずさめない

一緒にテレビを観ていた時、モーニング娘。の「LOVEマシーン」が流れてきた♪

1999年の発売当時小学生だった私もヒットしたことを覚えていますし、本当に流行ったので同世代の人なら口ずさめる一曲だと思います。

テンション上がって、「日本の未来は~WowWowWowWow世界がうらやむ~YeahYeahYeahYeah~恋をしようじゃないかWowWowWowWow」と歌っていたら、林太郎のノリがイマイチ悪い。

 

KIKI「LOVEマシーン知らないの?!」

林太郎「聞いたことない…」

KIKI\(゜ロ\)(/ロ゜)/「モーニング娘。は知ってる?」

林太郎「モーニング娘。…あ!早安少女組のこと?そのグループは名前だけ知ってる。」

※早安少女組は中国語でモーニング娘のこと。

 

日本で過ごしていれば当然知っているようなことを台湾人の林太郎とは共有できない、盛り上がれないという事実を「LOVEマシーン」によって突き付けられ、ちょっとショックを受けました(笑)

 

その逆もあって、台湾の大ヒット曲を私が全然知らなかったりして、隣でテンション上がってる林太郎についていけない時もあるので、同じようなカルチャーショックを林太郎も感じているんでしょうね。

 

 

外国出身のパートナーがいるみなさんはこのようなカルチャーショックを受けたことはありますか?

では、また~