いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

ティッシュ兼トイレットペーパー

みなさんこんにちは!KIKIです。

台湾と日本で大きく変わっていた習慣はトイレ!

長いことトイレットペーパーは流せずにトイレ個室内に必ず設置されているゴミ箱に入れるスタイルでしたが、それがなんと2年くらい前からトイレットペーパーを流せるようになったんです♪

今回はトイレットペーパーについて書いてみたいと思います。

では、いってみましょう~♪

日本とはだいぶ違うトイレットペーパー

日本だと「トイレットペーパー」はロールタイプですよね。

台湾にもロールタイプも売られていますが、圧倒的に多いのがスクエア型でビニールに入っているタイプ。

 

f:id:xiiiheeeintw:20190618123612j:image

日本みたいにティッシュとトイレットペーパーを使い分けるというよりはここ台湾では同じペーパーをリビングにもトイレにも置いて使っているという感じでしょうか。

なのでペーパー売り場では大容量(12袋や24袋入り)が多く売られています。

 

我が家のティッシュ兼トイレットペーパー

我が家では特定のメーカーを使っているわけではなくて、大型スーパーに行った時に安くなっているものをまとめ買いしています。

去年12月に12袋入り×2個買ったのがこちら↓

f:id:xiiiheeeintw:20190212201433j:image 

f:id:xiiiheeeintw:20190212201442j:image

トイレに溶けやすいペーパーってことで選んでみました。2枚重ねで少し厚めです。

24袋も購入したので6月現在まだ8袋ほどストックはありますが、朝体調が悪い時には数日で一袋使い切りそうな勢いなので、そろそろ購入しておこうかなと思っています。

 

 

トイレにペーパーを流せるようになったとはいえ、台湾の全てのトイレで流せるわけではないので要注意です。

台湾は古い建物も多いので、ペーパーを流すとトイレが詰まったりするということで流すのNGなところが未だに多いです。というか流せる場所の方が限られている気がします(-_-;)

 

流せるトイレではトイレ個室内に「流してOK」という表示が必ずあるので、トイレに入ったらその表示をチェックしてから流せるかどうか判断してくださいね。

 

台湾在住のみなさんはティッシュとトイレットペーパーはどうしていますか?

トイレットペーパーを日本みたいなロールタイプに変えてみようかなと思ったり思わなかったり~

ではまた~♪