いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

夫婦間のルール

みなさんこんにちは!KIKIです。

突然ですが、パートナーとの間に独自に決めごと、ルールはありますか?

育った環境、文化、習慣が違う人同士が生活するとなると少なからず衝突することがあると思います。

私たちも一緒に住み始めて小さないざこざがたくさんありました。そんな経験から生まれた我が家の夫婦間のルールを紹介したいと思います。

お互いのスケジュールを知らない

一緒に暮らし始めて気づいたのはお互い自分のスケジュールをあまり共有しないこと。

林太郎の大体の始業~終業時間はわかるものの、残業すると大体何時終わりなのか、週末どういう過ごし方をするかなどわからないことが多かったです。

私も自分のプライベートの予定などをギリギリまで言わないという性格だったので、お互いのスケジュールを聞かないというスタイルでしばらく続けていました。

 

スケジュールを共有しないことで徐々に問題が出てきたのです。

特に大きかったのは「食事問題」。

夕食を一緒に温かいものを食べたい、作り立てのものを食べて欲しい、帰宅したらすぐに食べられるように食事を準備したい私。

しかし、林太郎の帰宅の時間がバラバラで食事を温めるタイミングがわからない。今日は残業なしで帰宅するかなと思ったら、残業して帰ってきたり~。

タイミングが合わないことで私の中で小さくイライラが募っていきました。

 

その他にも心配性の私が林太郎の外出・海外出張の際に心配が募り連絡がないことに怒るということが多々起こりました。

林太郎は私のスケジュールに興味津々で色々根掘り葉掘り聞きたい、知りたい性格で秘密主義的な私にしつこく聞いてきて私と揉めることが度々(笑)

 

夫婦間のルール

そこで決めたのは「こまめに連絡をとること・お互いのスケジュールをきちんと共有すること」

 

我が家は以下のタイミングで連絡をするようにしています。

〇林太郎が退社する前にこれから帰宅する

〇林太郎の平日の外食・接待、出張の予定の確認

〇お互いそれぞれ予定があって外出して帰宅する時

〇飛行機に乗る時に搭乗したよ、現地に無事についた報告

〇急遽予定が入った時はなるべく早いタイミングで相手に伝える

〇週末に~したい、こう過ごしたいという考えは事前にきちんと伝える

 

こまめにこのように連絡をとったり、確認することで私の心配性の部分も落ち着きましたし、食事を温めるタイミングや週末の買い出しの量を見直すことができたり。

何よりお互いのイライラがぐーーーーーーーーーんと減ったので、気持ちよく生活ができるためにはルールを決めておく必要があるなと思いました。

 

 

みなさんの独自のルールってなんですか?

では、また~