いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

交通マナーの違いを考える

どうも~先日タクシーに轢かれそうになったKIKIです。

今日はその時の話と台湾の交通事情について思うことを少し書いてみたいと思います。

では、早速いってみましょう~♪

 歩行者優先じゃない?!

私が台湾で生活して思う、台湾の交通事情は

「マナーが悪い&身の危険を感じる」

 

横断歩道を歩いていても車はまずガンガン突っ込んできます。

歩行者がいるから横断歩道の手前で一時停車して待ってくれているなんてごくまれ。

歩行者がいるのに、歩行者のギリギリ手前、手伸ばせば触れるくらいの距離で一時停車するの車もしばしば。

 

停車位置の白線を超えて停車する車も多いですし、横断歩道のド真ん前で信号待ちする車も。

横断歩道を歩いている歩行者に車がつっこみ、歩行者をもう少しで轢くというところで停車するという危ない場面を目撃したことも。

 

信号がない横断歩道を渡りたくて待っていても、車もバイクも全然譲ってくれません。

車とバイクが通行するタイミングを見計らって渡るのが当たり前になりました。

 

バイクもほぼ一時停車なんてしません。

歩行者も歩行者の間をぬって走っていくバイクも少なくありません。

 

交通マナーが全体的に悪いため、交通事故のニュースも日常茶飯事です。

常日頃から「台湾で交通事故で死にたくない、事故に遭いたくない」と思っているものの、台北の車もバイクも多い状況ではありえない話ではないなと思ってしまいます。

 

タクシーやバスの運転の粗さも有名な話

ある日林太郎が内側、私が車道に近いほうで歩いていた時のこと。

路地から大通りに出ようとしていたタクシーの後方を歩いていたその瞬間、タクシーが突然バックしてきたんです。

驚いている間にもう一度タクシーがバック。

 

私は突然のことに身動きが取れずにいたら、林太郎がすぐさまかばってくれ、安全な場所に引っ張ってくれたので私や林太郎には怪我一つありませんでした。

 

林太郎は歩行者がいながら、二度もバックしてきたタクシーにブチきれ。

今までみたことないような怖い顔をして、タクシーの後方を叩き、

「後ろに人がいるんだよ!!!後方確認ちゃんとしろよ!!!」

と中国語で運転手に声を荒げる林太郎。

 

その姿を見ていた私は轢かれそうになったことよりも、林太郎の豹変ぶりにびっくり。

林太郎は本気で怒らせたらめっちゃ怖いタイプや( ;∀;)

 

林太郎は常日頃からタクシーやバスの運転手もマナーが悪いと言っていますが、私も全体的にみてそう思います。

 

 

マナーが悪い悪いと書いてきましたが、もちろん安全運転の運転手さんもいます。

外国では自国の交通マナーの常識や感覚が通用しない場面も多々あります。

青信号だから大丈夫、安心だってことはありません。

歩道をバイクが走るのも結構見慣れた風景ですし、自分の身は自分自身でしっかり守れるよう左右確認車&バイク等の存在確認をしてから台湾ではぜひ歩いてください。

 

 

 

今日の台北は晴れ!スマホの天気予報では30℃の表示されていますが、本当にそれくらいあるかも?!

では、また~♩