いつも心に太陽を

台湾在住の日台夫婦のKIKIが台湾生活で思うことを書いていきます

トキソプラズマ再検査

みなさんこんにちは!KIKIです。

妊娠中の記録として、今日はトキソプラズマの再検査をした話を書いてみたいと思います。

 

トキソプラズマ症とは

トキソプラズマという原虫により引き起こされる感染症。一度感染すると終生免疫力が継続される。食肉習慣、ネコの抗体保有率、衛生状態などが複雑に関連すると考えられている。(国立感染症研究所のHPより抜粋)

 

妊娠中の人がトキソプラズマに初感染した場合、トキソプラズマが胎盤を通過して胎児に垂直感染する可能性がある。胎児への感染率は妊娠末期になるほど上がるが、胎内感染がおこった場合の重症度は妊娠初期ほど高い。先天性トキソプラズマ症は水頭症や視覚障害、脳内石灰化、精神運動機能障害が4大特徴。(国立感染症研究所のHPより抜粋)

 

血液検査でひっかかった

5月に一時帰国した際、里帰り出産でお世話になる予定の産院で検診を受けました。その時、血液検査もしたのですがその項目の1つに「トキソIgG抗体」がありました。

調べてみたところ、産院によって「トキソIgG抗体」を検査するしないがわかれているようで必ず全員が調べる項目ではないようです。

 

その「トキソIgG抗体」の基準値が6未満のところが私は倍以上の13という数値が出ました。

 

要再検査という数値が出た時、「トキソプラズマ」と聞いたことはあっても知識としてはなかったので、めちゃくちゃ不安になり検索魔になりました。

妊娠してから加熱がしっかりされていない卵や肉製品を食べないように心がけていましたが、気づかないうちに口にしたかもしれない。私の不注意でリトルキキに影響が出たらどうしようと数日落ち込みました。

 

台湾で再検査

台湾で通っている産院にトキソプラズマの「トキソIgM抗体」を調べる検査ができるか相談しやってもらいました。

 

ちなみに中国語でトキソプラズマは「弓漿蟲」。私が受けた検査名は「先天性弓漿蟲巨細胞病毒感染 篩檢」で1200元かかりました。

 

結果としては問題ない数値でした(^O^)/

私の場合妊娠後に感染したというよりは、妊娠前に感染し抗体があったようです。

問題がないとわかってからも、引き続き野菜はきちんと洗うこと、生肉は食べない、お肉はよく加熱する、卵などもきちんと加熱することを心掛けて生活しています。

 

 

妊娠という初めての経験でわからないことだらけで、不安になることが多くて検索魔になりがちです。

そんな時にポジティブ野郎の林太郎や出産経験がある先輩ママの友人からの一言にどれだけ助けられ、心が軽くなったのことか。

あまり悩まず残り3か月ポジティブに乗り切りたいと思います(*^▽^*)